07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネルギーの器

2010.04.26 *Mon*
私は、今は、音楽の講師をしています。

ほぼ二十数名の生徒さんと向き合っているのですが、

ある日(ちょうど息子が相談室登校だったころ)

ハンディーを持つ子どもさんを教えてくれと依頼されました。

私にとって、初めてのことでしたし、なんとかやってみようと

お受けしましたが・・・・

ちょうどそのころ、実は、私は頑張りすぎていたのかな・・・

息子も不安定でしたし、学校とのやり取りにも疲れていました。

そういう状態だったので、私は、心が少し病気になってしまいました。

そして、とうとう、心療内科にいくような状態になってしまいました。

薬を飲みながら、家庭と育児とお仕事の3本立てを這うように

やっていました。きつかったなぁ・・・

ですから、おのずと、そのハンディーを持つ子とのレッスンは

うまくいきませんでした。

レッスンが終わっても、なかなか帰ろうとしてくれませんでしたし、

お迎えも遅かったりしましたし、備品も壊れたり、うまくいかなかったりと、

2年間はがんばってみましたが、疲れていきました。

その頃、私を診てくれていた先生が、こういわれました。

「にこママさんは、きっと、今は、エネルギーの器が小さくなっているね。

世の中には、何かやっていないと不安な人と、そうでない人がいるんだよ。

今は、その器にはいりきれなくなっているから、何かを捨てなさいよ。

そんなに頑張らなくてもいいじゃない。」

そして、私は、申し訳ないけれど、そのお子さんとさようならしました。

私は、小さい頃から、頑張ることを要求されて育ってきましたし、

人に認められてなんぼ・・・の人間だったように思います。

いろんなものを抱え込んでは、我慢しすぎていたこともありました。

でも、その我慢にも限界があったようです。

エネルギーも少なくなっていて、いつも、ガス欠しては、止まってしまって

ずいぶんと主人にも心配をかけてしまいました。


さて、その主人といえば、そのエネルギーの器が大きすぎる人です(笑

自分の仕事(ウェブディレクター・営業)とあるNPO法人のメンバーですし、

もうひとつの団体の委員もやり、ウェブ担当もやり、そして、ある祭りの取締役・・・

そして、私たちの家族の棟梁でもあります。

よく、体も頭ももつなぁ・・・と関心してしまいます。

もしかして、主人は、前述の「エネルギーの器の大きい」「何かやっていないと

不安な人」なのかもしれません。

私と主人は、正反対の人間かもしれませんね。そういう主人が、私に、

息子の障害関係でのポータルサイトをつくろうか!と言っています。

私も、おもしろそうなので、のってみようかな・・・と思っています。

でも、それも、ボチボチで^^ムリをしないように^^

スポンサーサイト

本当のしあわせとは

2010.04.25 *Sun*
毎日、寒かったり暖かかったりして、なんだか、体調がよくないですが、

なんとか、毎日、生きてます^^

さて、今日は、主人と一緒に、デパートに行きました。

主人が所属しているあるグループの催しがあったので(展示会)、

買い物はしませんでしたが!


そこでは、いろんな他の展示がありました。

娘が考えた、佐賀市の観光キャラクターも展示してありました。

原案だけで、ずいぶん変わってますけどね。とりあえず、

原型はとどめているかなぁ~^^(有明みちるくん)


そして、そこで、息子の同級生がいました。

彼は、息子より、すこしおもいかんじのハンディーを持っている子です。

その子は、ある音楽のサークルにはいっているようで

今日は、その催しの一つとしての演奏会が行われていました。

一生懸命でした。見ててわかりました。

みんながやっていることを、一生懸命に目で追って、確認しながら、

自分の席の位置や、演奏する曲の譜面を用意したり、準備など、

本当に一生懸命についていこうと、必死でした。

頑張っているなぁと思いました。たいへんだろうなぁ・・・

と思いました。

実は、彼は、学校でも、そういうサークルにはいろうとしたのですが、

入部拒否されたのです。親からしたら、ものすごく、悲しかったでしょうね。

でも、学校にも学校の言い分もあったでしょう。義務教育ではないので・・・

そこで、きっと、親御さんは、外部のサークルに!と思われたのでしょうね。


しかし、そこでも、彼のことを受け入れるには、理解が必要ですよね。

そういうハンディーを持っている子の特有な行動や言動、パニックをおこした

時の対処法・・・いろいろ、周りもたいへんですから。

私だったら、練習の時も、傍らで(遠くから)何かあったときのために、

待機しているだろうなぁ・・・と思いました。


息子だったら・・・最近は、やりたいこととそうでないことの意思表示が

しっかりと出来るようになったので、大勢の人と、何かをやることは、

拒否するだろうなぁ・・・

と思いながら、聴いていました。でも、彼はがんばってるなぁと思いながら。

ハンディーを持った子が健常の子と同じように、行動する。

そういうモデルケースなのかな・・・・親御さんはうれしそうでした。

私だったら・・・そういう気持ちになった時もありましたが、

今はそうではないかもしれません。それは、いちど、息子が二次障害に

なってしまったから・・・

それから、あまり、親の願いとか理想をおしつけることはやめました。

将来、社会に出ないといけないので、身の回りのことや生活のことは、

しっかりと教えていかないといけませんが、でも、だからと言って、

なんでもかんでも、「健常の子とおなじように」というのはやめました。

それは、親はいつまでも、生きてはいけないから・・・・

そういう「健常の子とおなじように」というのは、親のフォローがあって

はじめてできると思います。

親がいなくなったあとは、自分で生きていかなければなりません。

ですから、やはり、できれば、いろいろな支援を受けて生きる。

南雲さんじゃないけど、「自分サイズ」でムリをしないで、

その子らしく、ありのままで生きていかなければ、きついし、

長続きしないような気がします。


私、考え方、間違っているでしょうか?

みんながみんな、成功するわけではない療育・・・・

ある一部の成功例だけを出すのは。。。。

それ以外の、本当に親にも理解してもらえず、もっともっと、

もがき苦しんでいる子達を、もっと救済しないといけないですよね。

私たちは、事情があって、団体には参加せずに、自分たちで動いて、

学校とも正面から向き合って、もがいて、頑張ってきました。

本当は、いろんな情報がほしかったです。でも、そういう情報は、

どうしても、囲い込まれて出されませんでした。

ですから、主人と二人で、講演会と聞くと、すぐに、とびついて

聞きにいきました。そうするしかなかったし。

本当の幸せは、自分たちでつくるしかないと思います。

動くしかないっ!!






遠足

2010.04.24 *Sat*
むすこは、昨日、遠足に行ってまいりました。(高3ですが)

その前日は、「行かない」と言っていたんです。

そこで、学校で放課後に1年の時の担任の先生に相談したようです。

その担任の先生は、1年のときには、相談室のむすこのことを

全身全霊で面倒を見てくださった方でした。

困っているとわかると、すぐにお電話をくださいましたし、

毎日のように、職員室に悩みを言いにいく息子に対して

いやな顔をせず、聞いてくださってた方です。

本当に信頼しているようです。そういう先生が学校に

いてくださることで、私も、本当に助かっています。


さて、その先生に「明日は遠足に行きたくない」と言ったそうです。

すると、先生は一言、「社会勉強になるから、行こうな!」と

行ってくださったようです。^^


それでも、帰ってきてから、私にもいきたくないと言いました。

理由は、「友人が一人もいないから」

きっと、昼食もひとり。そして、遊園地なので、アトラクションも

一緒に楽しむことがないのでということでした。


息子は、アスペルガーで、コミュニケーションがうまくとれませんので、

本当に友人がおりません。でも、「寂しい」という気持ちがあるんでしょうね。

それに、時間をもてあましてしまう。それがわかっているので・・・・


そこで、私は考えました。自分でお店にはいって食事することも勉強だし、

買ってベンチでたべることもいい。

それから、カメラをもたせよう!そこで、目についたものを撮ってこさせよう。

これで、記念にもなるし、時間もしっかり使える!


結果はバッチリ!昼食は、どこかで、ホットドックを買い、食べたようですし、

写真といえば・・・なんと200枚近くも撮ってきてまして、

「おれ!写真にはまった~~~!」って言っていました。やった!

でも、おもしろいことに、人間を写した写真が、1枚もなかった!

多かったのは、動物や、アトラクションのキャラクターや建物。

人間は、撮るのは、悪い!と思ったらしいです。ふーむ・・・・

おもしろいなぁ~と思いました^^

あとは、自分は、あまり食べずに、お菓子のお土産を買ってきてくれました。

ありがとう!なんとか、ひとつクリアできたね。

彼にとって、やることのないおでかけは、苦痛なので、写真をとることで、

参加できてよかった!

他人との行動は、きっと疲れるものだから。


ブログの再開

2010.04.23 *Fri*
むすこが、自分のブログをまた、書き始めました。

1年近く更新していませんでしたが、

ふと、私が思い出して、「また、書いてみれば?」と

言ったところ・・・

「お母さん、実は、ぼくも、ブログのことを思い出していたんだ」

といいました。やっぱり、親子なんだなぁ・・・・

実は、私が、あるSNSにはいっていて、そこのお友達が、

むすこのことを応援してくれていて、コメントをたくさん

下さっていました。

本人は、しばらくは、コメント返しをしていたのですが、

だんだん、きつくなってきたんでしょうね。やりとりが。

だんだん、遠ざかっていきました。疲れていたのかな・・・・?

返事をするのって、彼にとっては、ものすごくエネルギーが

いることだったんでしょうね。


今回は、照れもあってか、なんだか、ぶっきらぼうな文章を

書いていました。「ブログの生殺し」なんてタイトルだし、変だわ~

とにかく、自分の気持ちを出すのは、いいことだと思うので、

学校から帰ったら、書くというふうにするらしいのですが。

さあて、いつまで続くかなぁ~(笑


南雲明彦さん、今日は、息子の読者登録をうけてくださって、

ありがとうございました。^^

南雲さんは、学習障害の当事者で、講演などいろいろな

活動を精力的にされていて、息子にとっては、とても、

希望的な存在になる方だと思います。

こちらで、講演会がありましたら、息子と行きたいと思います。

学習障害児

2010.04.23 *Fri*
今日は、息子は学校から帰ってくるなり、何だか怒ってました( -д-)ノ

「みんながうるさいんだ!授業中にくだらないことばかり言って・・・

みんなバカだ!集中できないじゃないかっ!」

おいおいっ!お勉強はもういいって言ってただろう~

むすこは、アスペルガーで、感じ方がみんなと違うので、

みんなとの笑いのツボもちがう・・・・感覚も・・・

ずれているので、大変、きついらしい・・・・

あとは、クールダウンでゲームをしていました。


ところで、担当医のM先生から、お電話がありました。

昨日の検査の結果・・・やっぱり、「学習障害」も合併していました。

息子は、数的なものが、まったくわかりませんから、

いつも、「数学」は0点ですし、英語もスペルが全くといってよいほど、

読めません。やっぱり・・・・わかってはいたけどね。


中学校で通級教室に通っていた時も、WISCをやって、

同じように出たので、Ⅲもそうでした。

でも、いちお、普通高校なので(私立)試験も受けないといけないし、

必ず、数学と英語は、「赤点」なので、課題が出ます。

字を書くのもきついんですけどね。

今の高校を選んだのは、いじめが少ないと聞いたからです。

あと、1年、そのお勉強と向き合うのは、息子の忍耐力をつけている

ようなもんですよ。

さて、職業訓練が受けられて、先に進めることを祈っています!


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リアルタイム時刻表示



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



☆いらっしゃいませぇ~☆

にこにこママ(^∇^)o彡

Author:にこにこママ(^∇^)o彡
2児の母、大1のネネと
高3(自閉くん)のナッチの
ドタバタ子育て日記。
自宅で音楽講師を細々と・・・・。
主人はバリバリ仕事人



のせたてほやほや~



記事の分類で~す(^ ^)v



ありがたいコメントはこちら~



リンクさせていただきました♪

このブログをリンクに追加する



携帯でも見れま~す!

QRコード

PCで見れないお友達にも、是非教えてあげてくださいね~



ご来場ありがとうございます!!



Copyright © にこにこママのしゃかりき子育て All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。